Cameraな日々

080827 北朝鮮 核施設の無能力化中断

DCP_0651

'08/08/27の朝刊記事から

北朝鮮 核施設の無能力化中断
「合意違反」と米を非難


【ソウル26日井田哲一】北朝鮮の外務省報道官は26日、米国による北朝鮮のテロ支援国家の指定解除延期の対抗措置として、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の合意に基づく寧辺ニョンピョンの核施設の無能力化作業を中断、施設復旧の措置も考慮するとの声明を発表した。

朝鮮中央通信が伝えた。



DCP_0644

報道官は指定解除の延期について「合意に対する明白な違反」と米国を批判。

米国が解除を履行しない場合、「(同協議の)行動対行動の原則に基づき、対応措置を取らざるを得ない」と述べた。

対応措置について報道官は、寧辺の核施設無能力化作業を「直ちに中断する」とした上で「この措置は14日に効力が発生し、関係国に通知した」と言明。

また「(北朝鮮の)該当機関の強力な要求で寧辺の核施設の原状回復を考慮する」と述べ、無能力化に対し軍部などの強い反発があることを示唆した。



DCP_0646

これに関し、韓国の外交通商省報道官は26日、無能力化中断について同協議の他の関係国に北朝鮮が通報したことを認めた上で、「(関係国は)北朝鮮の措置はふさわしくないとの認識で一致している」と述べた。

今回の声明については「米国に圧力を加えるための交渉用」(韓国の北朝鮮専門家)との見方が強い。

ただ、指定が解除されないままなら、北朝鮮が「瀬戸際戦術」をエスカレートさせる可能性がある。
今後、任期末のブッシュ米政権と北朝鮮が、激しい駆け引きを繰り広げそうだ。



DCP_0647

北朝鮮は同協議の合意に基づき6月末に核計画の申告書を提出。

見返りとして米国も指定解除を表明したが、申告内容の検証措置に北朝鮮が合意しなかったため、今月11日の解除を延期していた。




撮影機材
Kodak DC4800




[PR]
by ayacbm | 2018-06-02 11:22 | 古新聞 | Comments(0)